品質へのこだわり

株式会社茂太郎商店

お米

工程 01

玄米貯蔵庫

加湿器とエアコンにより低温管理を行い、年間を通し品質を均一の状態に保っています。

工程 02

精米所内全景

工程 03

石抜き機

・玄米を玄米タンクから石抜き機に移す際、大型磁石により金属除去を行っています。

・石抜き機は、米と石や異物の比重の差を利用して選別除去しています。

工程 04

セラミック精米機

・セラミックにより、精米時の発熱を抑え水分ロスをなくし、旨味を失うことなく仕上げます。

・精米後の石抜きと砕粒の選別除去も行います。

工程 05

色彩異物選別機

2機の選別機による電子の目で、着色粒、色の付いた異物、プラスチック、ガラス、石、糸屑等の無機質を選別除去します。

工程 06

計量・包装

計量タンク内にて大型磁石により金属除去を行い、デジタル計量機で計量しています。

工程 07 白度計 成分分析計

毎日、商品別に検査をしています。

鶏卵

工程 01

洗浄機に入れる前の工程です。
卵の入ったトレイをベルトコンベアーに乗せます。
機械によって自動的にレーンに乗り移ります。

工程 02

オゾン水の酸化作用による洗浄+殺菌を行ったのち、温水(50~60℃)でさらに洗浄します。

工程 03

洗浄後、目に見える傷・汚れのある卵を未然に摘出します。

工程 04

暗室では、目視にてひび卵・血卵を摘出します。

工程 05

自動ひび卵検査装置

卵に軽い衝撃を与え、卵から発生する音を分析することにより、ひび卵を自動的に除去します。
その後、1個1個計量器に乗ります。

工程 06

自動血卵検出装置

分光分析の技術により、血卵を自動的に除去します。

工程 07

計量後、搬送された卵が各サイズ別に振り分けられ、パック・箱詰めされます。

工程 08

最終的にパックを閉める際に、オゾンガスを注入し殺菌しています。

メールフォームからのお問い合わせはこちら